椎間狭小と整体

整体症例です。多賀城市からご紹介で来院の60代女性です。下肢のしびれ、膝下の痛み、腰痛などの症状がありました。数日前に新規で来院されました。同様に脚にしびれがあったお友達が当院に来て劇的に改善されたということで、そのお友達に話を聞いてすぐにご予約を下さいました。

本日は二回目の来院です。

3日前に来てその後とても足腰が軽くなったので、紹介してくれた人に「走って帰って来れそうだった」と喜びの報告もしてくれたそうす。とても楽になったのでついついいろいろな作業をし過ぎて動き過ぎてしまったとのこと。

そうしたらまた少し痛みがぶり返したそうです。これはよくあることで、腰痛が楽になるとついつい動き過ぎてしまうのですよねー(^^)

今日も骨盤の緊張を解放して、自律神経のバランスも良くなるように整体をしました。その施術中に思い出したように話をしてくれたのですが、それがとても興味深い話だったので紹介します。

なぜか手の指が曲がるようになった!

前回来院した時に骨盤と脊柱のバランスを整える整体を行いました。さらに腕と肩甲骨のバランスも良くなるように施術しました。

それで帰り道に電車に乗っていると、右手の中指からその周辺がジンジンと痛みが出てきたそうです。実は最近、右手の中指の関節が腫れたりして、ジャンケンのグーを作っても中指だけしっかりと曲がらない状態だったそうなんです。

そのことは初回来院時には一切話も聞いてなくて、私も手の指に関しては何も施術はしませんでした。ところが、帰り道の途中にジンジン指の周りが痛み出して、その後痛みはなくなったと思ったら、曲げにくかった指がとても曲がりやすくなったそうなんです!

肩甲骨や肩の関節周りが緩んだことにより、右腕全体の血流が改善して、その結果として指の調子も良くなったと考えられます。ご本人もきっとそうだと思ったと言ってくださって喜んでくれました。

今日は、さらに手の指の調整も行いました。するとあっさり指も楽々曲がるようになりました。前回の施術で曲がりやすくなったけれどちゃんと指先が掌に付くくらいまでしっかり曲がるようになったのです。

腰痛と椎間狭小の関係

整形外科で椎間狭小を指摘され、それが腰痛や下肢痛の原因であるという説明を受けていたそうですがそれは古い考え方となりつつあります。構造異常と症状は直接的にはほとんど関係ないという説が有力になってきているのです。

当院の施術も骨や関節よりも、筋肉や筋膜に働きかけることが多いですし、この方の前回の施術も筋膜にメインにアプローチしました。それで腰痛も楽になったのですから、椎間狭小は関係ないということになります。

しかも、手の指まで楽になったので、不思議がって喜んでくださいました。身体の各部位は繋がり合っていますから、こういうことはよくあります。

腰痛や下肢痛を治しているわけでもなく、手の指を治しているわけでもないのです。身体全体が調和するようにバランスを整えているのです。その結果として様々な症状が快方に向かっていきます。