このページでは坐骨神経痛について詳しく解説します。新しい考えに基づいた当院の整体施術について紹介致します。現在、坐骨神経痛でお悩みの方の参考になれば幸いです。

坐骨神経痛の真の原因

整体院に来院する坐骨神経痛のクライアント様の大半が、整形外科などの治療を受けても改善しなくて来院しています。西洋医学の治療を受けて良くなるのであれば整体の施術は必要ないのです。

整体で良くなる人もいれば治らない人もいます。原因も人それぞれなのです。しかも様々な要因が複雑に絡み合って坐骨神経痛という症状を発症しています。だからこそ、機械修理をするように治そうと思ってもなかなか難しいのです。

ヘルニアと腰痛や下肢痛はほとんどの場合直接関係しないということが医学的にも証明されて来ました。ここからは新しい医学情報と、当院の考える坐骨神経痛の原因や整体について紹介していきます。

85パーセントは原因不明

従来の医学では椎間板ヘルニアや脊椎の構造異常が腰痛や坐骨神経痛の原因とされてきましたが、MRIなどの画像検査方法が普及したことにより健常者にもヘルニアや脊椎の異常が見つかるようになりました。

画像を見ただけでは症状があるかどうかは判別できないのです。そして、2012年に刊行された腰痛診療ガイドラインの中では、腰痛の85パーセントは原因を特定することが出来ないと記されました。

このガイドラインが出たときに整体業界の中でも話題になりましたが、それ以降腰痛治療に関する新しい考え方が少しずつ広まってきています。

心理社会的因子

腰痛や坐骨神経痛と社会心理的要因との関係が広く知られるようになってきました。社会心理的要因とは、一言で言うとストレスなどの心理的な要因が腰痛の回復を妨げているということです。

腰痛に対する誤った認識や不適切な信念を持っていたり、家庭や職場などで大きなストレスを抱えていることが腰痛の回復を妨げる要因になることが医学的にはっきりと証明されるようになったのです。

心理社会的因子が、腰痛の遷延に関与することを示唆するエビデンスレベルの高い論文は多い。職業性腰痛を調査した系統的レビューでは、心理社会的因子が腰痛の遷延とその治療成績に影響を与え、腰痛が3か月以内に起こった患者を対象とした系統的レビューでは、腰痛の予後不良因子として、年齢、下肢痛以外に、腰痛の既往、うつ状態、仕事上の問題、仕事上の不満などをあげている

※腰痛診療ガイドライン(P.21)より引用

椎間板ヘルニアの自然治癒

驚くことに椎間板ヘルニアが自然治癒することもわかってきました。

炎症が起こると免疫細胞の一つ、「マクロファージ」が出てきてヘルニアを食べてくれます。そのため、自然に消えていくヘルニアがたくさんあることがわかってきました。椎間板ヘルニアの90%の患者さんは、自然治癒が期待できます。

※「あなたの腰痛が治りにくい本当の理由」p.56より引用

引用元は整形外科医による新しい腰痛理論を紹介した本ですが、椎間板ヘルニアの90%は治療しなくても自然と治るということが述べられています。

坐骨神経痛に対する見解

当院では新しい腰痛理論をベースとして、独自の整体法と腰痛・坐骨神経痛改善の為のアドバイスを行っています。現代医学をもってしても原因がわからない坐骨神経痛。

当院では多数のクライアントの坐骨神経痛の改善のお手伝いをしてきました。当院独自のノウハウがあります。独自の整体施術と生活改善アドバイスを併用して行っております。

坐骨神経痛の原因は日常生活の中にあります。身体の使い方やメンタルの状態や栄養状態も関係すると考えています。医学的にはっきりと解明されていないことも含めて、仮説を立て検証しながら坐骨神経痛の改善ノウハウを積み上げて参りました。

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と坐骨神経痛

実は腰痛や坐骨神経痛の大半が、筋肉や筋膜の痛みです。MPS(myofascial pain syndrome:筋筋膜性疼痛症候群)と言います。

構造の異常ではなく、筋肉や筋膜の生理的な異常なのです。だからほとんどの場合手術を行わなくとも適切な施術と生活改善により、坐骨神経痛は改善すると考えています。

しかし、一般的な整形外科医は従来の脊椎の損傷モデルに基づいた診断と治療を行っています。だからなかなか治らないのです。

MPSを研究している整形外科医の研究会もありますがまだまだ少数派です。筋肉や筋膜への施術の有効性が医学的に認められる日はまだまだ先かと思いますが、このような考え方を取り入れている医師が増えているのは嬉しいことです。

血流障害による酸素欠乏

当院では「組織の血流障害による酸素と栄養の欠乏」により坐骨神経痛が生じていると考えています。そして、血流障害を引き起こす要因もあります。

やっかいなことにその要因が人それぞれなのです。

筋肉や筋膜が緊張していれば血流は悪くなります。ストレスがたまっていたり、十分な睡眠が取れなければ血流は悪化します。自律神経のアンバランスでも血流は悪くなります。

さらにその上栄養状態が悪ければ、組織に必要な栄養が届きません。神経に必要なビタミンが不足している場合にも痛みが増幅すると考えています。飲酒や喫煙や糖分の過剰摂取によりビタミン不足が引き起こされれば、腰痛や坐骨神経痛の回復を遅らせると考えています。

これらは自分が勉強してきたことを総合的にまとめた仮説であり、医学的には正しいと証明されていないことかもしれませんが、この仮説に基づいて整体施術及び改善アドバイスを行っています。

その結果、たくさんの方の坐骨神経痛が改善しています。

自律神経失調と坐骨神経痛

自律神経失調症という病気がありますが、自律神経のバランスが正常に働いていれば人は健康を維持できます。ほぼすべての病気の背景には自律神経のアンバランスが関係していると考えています。

坐骨神経痛の施術においても、自律神経の調整を重要視しています。自律神経のバランスが整うことで回復しやすい身体になるのです。

当院の整体施術

当院の整体施術について紹介します。坐骨神経痛に限らず筋筋膜のバランスが調和することで、筋骨格系の痛みは改善しやすくなります。

坐骨神経痛は下肢の血流障害が原因。そしてそのまた原因が臀部や太ももに出来たトリガーポイント。さらにトリガーポイントを形成させる筋膜のテンションバランスの不調和が原因である、と当院では考えています。

そこで、筋膜のテンションバランスを正常な状態に戻すような施術を行います。そのために非常に適した手技が操体法なのです。

多次元操体法と筋膜調整

操体法を学んでも筋膜という言葉すら出てきませんが、操体法こそ全身の筋膜を同時に変化させることが出来る最適な方法であると思っています。

筋膜にアプローチする方法は多数あります。トリガーポイント療法、カウンターストレイン、筋筋膜リリース等など。私も筋膜に対するアプローチをいろいろ試した中で、より短時間でより広くより深く効くのが操体法であると確信しました。

そこで操体法を深く追究してきたのです。2007年頃から従来の操体法をベースにより繊細により効果が高まるようにいろいろ改良を加えてきました。

多次元操体法と称して2012年より毎月セミナーを開催していますが全国の治療家の先生方より高い評価を頂いています。

多次元操体法とエネルギーヒーリング

多次元操体法は手技であると同時にエネルギーヒーリングでもあります。目に見えないエネルギーバランスの調和も目指します。心身が深くリラックスすることで様々な症状が回復しやすい身体の状態が作られます。

栄養面へのアプローチ

当院では栄養面のアプローチも重視しています。これまでの整体臨床経験上、栄養のバランスが改善することで痛みの回復も早まることがわかっています。

痛みを増幅させる食べ物の摂取を控えて頂きながら、回復に必要な栄養をしっかり補給して頂きます。

人間の身体は食べ物で作られていますので何を食べるかということが健康に取って非常に大切です。現代社会は食に関する環境もかなり乱れています。毎日の食生活により知らず知らずのうちに病気を作ってしまっているのです。

そういうことは病院で教えてもらえることはまずありません。自分で勉強して実践するしか身を守る方法はありません。しかし、様々な情報がありすぎて何を信じたらよいのかわからないという声もよく耳にします。

外部の情報を鵜呑みにせず、自分の感覚や直観も大切にしながら意識的に選択していくと良いでしょう。

このカテゴリでは、坐骨神経痛に関して新しい観点から情報を提供します。またお薦め書籍も紹介します。

トリガーポイントと坐骨神経痛

目次 トリガーポイントとは?トリガーポイントと坐骨神経痛整形外科医による施術鍼灸師による施術手技による施術坐骨神経痛とトリガーポイント療法当院の施術トリガーポイントの存在理由 トリガーポイントとは? トリガーポイントとは・・・

坐骨神経痛の改善法

目次 坐骨神経痛とは坐骨神経痛の原因(従来の説)椎間板ヘルニアによる神経圧迫腰部脊柱管狭窄症梨状筋症候群その他の原因一般的な治療法保存療法手術坐骨神経痛の改善対策冷え対策飲酒・喫煙について栄養面の改善操体法・ストレッチ等・・・

坐骨神経痛とゲートコントロール理論

坐骨神経痛は気分によっても変化します。 痛みは絶対的なものではありません。 気分によってすごく痛く感じたり、あまり痛くなかったりした経験はありませんか? 坐骨神経痛の痛みは心の状態と深く関係しているのです。 目次 坐骨神・・・